アクセス解析
時代を斬る! ビリヤード日記
かちこみだー!

予告はココで!

最近のコメント
最近の記事
↓はまらないでね↓


おまけ spaceinvaders

遊ぶブログ

ブログで百科事典


映画の本

プロフィール

ラウール

Author:ラウール
ビリヤード暦6年以上。
映画鑑賞暦数十年。
ページ右の「カテゴリー」から入っていただくと、興味のある情報を一括で見ることが出来ます。
出来ればコメントよろしく~   (*u*;)v

月別アーカイブ
NEWS

ブロとも申請フォーム

ビリヤード日記

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. (゜ロ゜;)エェッ!?スト様がぁぁぁ(笑!(03/15)
  3. ウムム・・・・・(03/15)
  4. (_○_;)ウォ! (_△_;)ウゲ! (_□_;)グハ!(03/09)
  5. ビリ映画出演者決定!(01/21)
  6. 最近ビリヤードが・・・(12/26)
  7. 久々にビリヤードについて書く。(08/18)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

(゜ロ゜;)エェッ!?スト様がぁぁぁ(笑!

2007.03.15(01:33)
うわあああ!
あの伝説の男(イロイロな意味で)スト様がついに!

そう、ついに【キューテックを解雇】されたらしい!!!
彼の言動に、さすがのキューテックも堪忍袋のが切れたのでしょうね。

まーラウールも日本人ではまったくと言っていいほど上級者が使っていないキューテックを、彼は使って凄い成績残している事が信じられなかったのですが・・・・。
「天才だから」の一言で自分を納得させてました。
しか~し!
解雇されたスト様の言葉がまたウケルwww

「どっちみち、あのキューじゃあうまく撞けないからよぉ」
(北山pのブログから引用)
みたいな事言ってるらしい♪
ちょっと、ちょっとだけどかっこ悪いかも・・・・。
あとハンデだったとかも言ってるらしい。

さてさて、この球界の超スターかつ問題児を、どこが今度面倒見るのか、それが気になるなーーー!
いやマジで。
スポンサーサイト

ウムム・・・・・

2007.03.15(01:11)
なーんか最近ビリしてないなぁ・・・・。
出不精になってしまっている。
時間無くてコンタクト作れないし!
つーことは9ボールが面白くないのです・・・。
だから最近14-1とかローテとかやってる。

ていうか最近周りもあんまりやってないのかもしれない。
うちのホーム、前は結構台があったのだけれど今片手で数えるくらいしかなくなって、メンテもきちんとしてないからなぁ。

でも今年中(多分夏までに)に24時間撞ける(マンキツじゃない!)場所ができるかもしれないので期待大!
ま~、高校生が帰宅時大勢通る国道沿いだから、学生で満員っていう状況も考えられなくもないんだけれど・・・・。
センスある真面目学生なら良いんだ、うん。

(_○_;)ウォ! (_△_;)ウゲ! (_□_;)グハ!

2007.03.09(22:49)
びびったぁぁぁ!
ビリヤードの会員制ネット番組あるのですが、そこの初心者講座(「撞き進め!ビリヤー道!!」だったかな)を今観たのです。
しかーし!
「あの~、編集者さん。○○イ君の、上半身は○かは、カットでよろしいのではないでしょうか?」
というのが感想でした・・・orz
はい、純粋な感想でした・・・orz

ビリ映画出演者決定!

2007.01.21(05:43)
ついにビリヤード映画、「ザ☆shot!」の出演者が決定しました。
ISOブログさんのとこで発表がありました。
以下写真を引用させていただきます。
photo_takashima.jpg

高島政宏さん。
photo.jpg

田畑亜弥さん(主人公)。
すばらしい面子ですね!がんばってください!!

最近ビリヤードが・・・

2006.12.26(01:37)
またまた面白くなってきました。
飽きっぽい性格なので何度も休止してるけどね^^;
↓はカイザー(本名ラルフ・スーケット)さんです。
ralf2.jpg

                      ジョス公式サイトより

久々にビリヤードについて書く。

2006.08.18(01:11)
むむー(-"-;)
最近ビリヤードについて書いてないや。
毎日のように球は撞いてるんだけどね。
でも奮起する材料にもなるかもしれないんで、ここら辺で書きます。

ラウールはビリが好きです。
ま、だから何?とはおっしゃらずに、最後まで聞いてください。
一見楽しそうなこのゲーム、少なからずダーティーな歴史を持ち続けながら今に至っているのは、ビリ素人の人でも知っていることです。
ビリが盛んなアメリカやフィリピンなどでは未だに日本よりギャンブル色の濃いゲームとして進行しています。
しかし、日本では国民性もあってか、気軽に楽しめるスポーツとしての認知度が上がって来ているようなので、これは喜ばしいことです。

しかしビリを趣味とする上級者やプロとしては、生活を賭けていつもプレイしている外国のハスラーのような「強さ」を持つには、この国の現在の環境では無理だと思うのです。
ラウールは決してギャンブルを推奨しているのではありません。

ただ、プロを擁する団体、協会がどう考えているのかを問いたいのです。
ビリプロに対するアメリカの認識の変わりようは、最近劇的に変化しはじめています。

IPT主催者、トルードー氏の存在のためです。
では日本は?
あの海外の流れに本当に乗らなければいけないのは、日本のプロ、一般プレイヤーでは無い。
彼らは”自分の為”にあの流れに乗ります。
それが今のところ精一杯だからですし、選手としてはそれが当然です。
IPT予選や8ボール大会のセッティングは当然として、ビリヤードのプロへの世間からの認識以前に(ビリヤードにプロがいることを知らない人が未だに結構いますから)、日本で今しなければいけないのは?
酷い言い方は承知で言いますが、上の方には本当にビリヤードの未来を考えているのか、個人の利権を追及することしか頭に無いのか、その辺を聞いてみたいくらいです。
多分多くの日本人プロの胸中がそうなっているのではないかと思います。
言葉には出さなくとも、「このままではプロのレベルが海外に引き離されてしまう」と。
そういう意味で隼Pが、台湾の環境がうらやましいと言った事があるのは一言で多くを語っていると思います。
あのミスターでさえ、うらやましいとまでは言っていませんが、ウエに頑張ってもらいたいと思っているようです。

とりあえず今のままでも世間一般ではビリの浸透は大丈夫かもしれませんが、プロやプロを目指す者を取り巻く環境について、もうそろそろ改善しなければならない時期にいるのではないかと思っています。
日本は小国ですが、オリンピックなどでもメダルを取れるほどに、人を磨く術を知っている国です。
ならば現在のビリヤードはどうか・・・・。
まずは、戦争終結(分かる人のみ)を望みます。

駄文、失礼しました。
ラウールは一プレイヤーとして述べただけであり、個人を非難したいとは微塵も思っていない事を付け加えておきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。