アクセス解析
時代を斬る! 2005年11月
かちこみだー!

予告はココで!

最近のコメント
最近の記事
↓はまらないでね↓


おまけ spaceinvaders

遊ぶブログ

ブログで百科事典


映画の本

プロフィール

ラウール

Author:ラウール
ビリヤード暦6年以上。
映画鑑賞暦数十年。
ページ右の「カテゴリー」から入っていただくと、興味のある情報を一括で見ることが出来ます。
出来ればコメントよろしく~   (*u*;)v

月別アーカイブ
NEWS

ブロとも申請フォーム

2005年11月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 「Mr.& Mrs.スミス」(11/26)
  3. ◆アクセスアップ方法◆(11/23)
  4. 「ハリーポッターと炎のゴブレット」(11/21)
  5. ★ビリ修行に行ってきます★(11/18)
  6. 「エリザベスタウン」(11/16)
  7. ○明日はハウストーナメント!(11/12)
  8. 「地球を守れ!」(11/12)
  9. 「TAKESHIS’」(11/11)
  10. 「ブラザーズ・グリム」(11/10)
  11. 「ALWAYS~三丁目の夕日~」(11/10)
  12. 「ジャンヌ・ダルク」~ベッソン監督のジャンヌ観~(11/05)
  13. 「SAW2」(11/04)
  14. 無料でエンタメ♪~「Gyao」編~(11/03)
  15. 「春の雪」(11/03)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「Mr.& Mrs.スミス」

2005.11.26(08:47)
bc8af0a8-s.jpg


分析中の感想「YES!キャスティングサイコー!!

【STORY】
南米コロンビアのホテルで、警官が暗殺者を探して宿泊客を尋問。それぞれ宿泊者だった建築家ジョン(ブラッド・ピット)とプログラマーのジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)は、お互いをカップルと偽り警官の尋問を逃れ、その後互いに秘密を抱えたまま電撃結婚した・・・。そしてその秘密が明らかになる時、二人の関係が急展開を見せる!!そう、48時間以内に相手を始末しなければならないのだ!

【監督】ダグ・リーマン  
【CAST】ブラッド・ピット アンジェリーナ・ジョリー  ヴィンス・ヴォーン アダム・ブロディ ケリー・ワシントン

映画のウリは?
 
 ・ブラッド・ピットアンジェリーナ・ジョリー が夫婦役で競演するアクション・エンターテインメント。
 ・監督は『ボーン・アイデンティティ』のダグ・リーマン。お互いの正体を暗殺者と知らず、すれ違いの生活を送る夫婦コメディタッチに演じるブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの演技が光る。
 ・特にキッチンでの戦いは迫力満点。(以上3つはYAHOOムービーより)

どんな人向き映画?
 
 ・アサシン(暗殺者)が主人公の映画が好き。
 ・セクシーお洒落駆け引きのある映画が観たい。
 ・主演二人の(またはどちらかの)ファン。
 ・息のあった演技が見たい。
 ・クールでハードでコミカルな恋愛映画が観たい。
 ・クールでハードでコミカルなアクション映画が観たい。
 ・常に他人に秘密を持っている自分が好き。
 ・倦怠期の夫婦(”戦闘”はよくありませんよ、念のため)。

この映画のネタは?
 
 ・BRAD PITTとANGELINA JOLIEを合わせてBrangelinaと呼ぶ(マジです)。
 ・二人は本当に結婚したらしい↓
 ・ただ、結婚と言っても仏教寺院で式を挙げただけで、法的な届出はしていないらしい。つまり、公式には夫&妻ではない、というわけ。だから、取材陣から「夫婦になったんですか!?」って質問攻めにあっても、「No~」って2人とも笑顔でこたえられちゃう!(「シネマカフェネット」より)
 ・ブラピの他にジョニーデップウィル・スミスの名も上がっていた。
 ・(分析者の意見としてはジョニデは肉体派じゃないしウィル・スミス起用だとこの映画の場合コメディ色がよけい強くなると思うので、今回のブラピ起用はGOODだと思うのです。)
 ・アンジーの役は本当はニコール・キッドマンがするハズだった。
 ・(またまた分析者の意見としては二コールが本作の体当たりアクションが出来るかどうか疑わしい・・・。まあ女優魂でさらっとやってのけたかもしれないが。)
 ・二コールがスケジュールの都合上降板し、アンジーに変更されたらブラピがこの映画企画に「戻ってきた」といわれている。
 ・全米総興行収入は一億8450万と、二人揃って過去主演、出演すべての作品のオープニング記録を上回る大ヒット。
 ・公式HPも中で二つに分かれている部分がある。
  
この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)

 ・アンジェリーナの方がブラピより目立っていたかも?
 ・もう少しツーショットがあればよかった。
 ・アクション映画には必須の「敵役」に存在感がない。
 ・ラストが予想通り。
 ・アクションに目新しさは感じなかった

分析者寸評
 
 ・主演二人が共に今が旬のビッグスター(パパラッチ沢山)という事で話題の本作。サスペンス要素よりも、二人の存在感とウィットに富んだ言動、そしてアクションが主体だ。男女が離れたりくっついたりする現象を、スタイリッシュかつコミカルに表現された空前絶後の夫婦喧嘩映画を観たい、という方にオススメできると思う。

この作品の公式HPです↓

http://www.mr-and-mrs-smith.com/top.html

面白い関係↓

ivcf81.jpg

ヒッチコックの同名映画

DUEL.jpg


邦画で見る一対一の激闘!



この分析が参考になりましたら、ポチッとお願いします










スポンサーサイト

◆アクセスアップ方法◆

2005.11.23(02:22)
まーこんなブログを日々作成している以上、沢山の方に読んでもらって少しでも自分に合った映画を選んで欲しいと思うのですが、ただ投稿しているだけではダメなんですね、コレが・・・。
それでアクセスアップの方法を色々模索(検索)してみました。
・・・が、それはそれは沢山のアクセスアップ方法が出るわ出るわ!!
先ず僕が一番初めにやったのがサーチエンジン登録
その名も「一発太郎」。
一発で複数のサーチエンジンに登録できるというスグレモノ。
これは必須です!!

で、次にブログジャンキーTReXに登録。
この二つは個人的に好きです。
その次に登録したのがブログホイホイ
つい最近その脅威の粘着力(!!)によって”復活”した業界震撼のサービスです。
実際、コレが一番成果が上がりました
一日に300のアクセスアップは軽いですね(!)。アクセス数アップを純粋に上げたいのなら、これはイイです!
ただ、先ほども述べましたように、個人的には先に挙げたブログジャンキーとTReXが好きです。
手間を惜しまず自分のブログの読者を獲得しようと思うのならこの二つでしょう。
初心者ですが、簡単に比較すると次のようになります。
日本昔話のウサギと亀」。
まあ当然の事ながら、ウサギは普通に頑張れば亀に勝てると思いますが・・・。
ブログ達人の方はもう前々からご存知でしょうが、アクセスアップにお悩みでまだ登録されていない方は、一度この三つに登録してみるといいと思います。
それでそのうちの好きな物を自分のメインに使い、タイプが似た他のサービスにもどんどん取り組んでいくと自分の生活やライフスタイル、ブログの種類に合ったアクセスアップ方法が見つかると思います。
あとはブログのランキング登録SEO対策、こまめに他のブログにコメントを書く(きちんと)、トラックバックをする(トラックバックの仕方)などがあげられます。
僕のブログは本当はこういう問題を扱うものではないのですが、僕と同じような初心者の方が偶然このブログを観てくれたら参考になるんじゃないかと思い、載せちゃいました(w)。
ランキング登録以下については、下線付きオレンジ文字がGoogleに直検索してますのでそちらからご確認ください♪きっと情報量の多さにビックリしますよ

この分析が参考になりましたら、ポチッとお願いします↓










「ハリーポッターと炎のゴブレット」

2005.11.21(01:48)
poster_lg0.jpg


分析中の感想「投稿ボタンを押し間違えたかハリポタ第4弾の記事が全て喪失!!しかしメゲない!も一回最初っからだ!!期待の新作をアップするのだ!!

映画のウリは?
 
 ・世界的大ヒットシリーズ「ハリー・ポッター」劇場公開第4作品目。監督がまた×2代わって「フォー・ウェディング」「フェイク」のマイク・ニューウェルに。 ハリーの初恋の相手チョウ・チャンや恋敵のセドリックなど、ファンが気になる新キャラもぞくぞく登場!ヴォルデモートの正体も明らかとなる。

どんな人向き映画?
  
 ・いわずもがな劇場公開シリーズ「ハリーポッター」のファン。
 ・大人も楽しめる新作ファンタジーが観たい方。
 ・ファンタジー映画とサスペンス映画が好きな方。
 ・3人組のうちの誰かのファン。
 ・最新の特撮映像を堪能したい方。
 
この映画のネタは?
 
 ・ダニエル君に100の質問
 http://www.pottermania.jp/info/movie/movie3/AskDanProject2003.htm
 ・今回は3人組はもとより番人ハグリッドも恋に落ちる。
 ・レイフ・ファインズの壮絶演技に製作関係者は絶賛。
 ・シリーズ第5作「不死鳥の騎士団」のキャスティングが進行中。ハリーたちの新たな闇の魔術に対する防衛術の先生になる、魔法大臣上級次官ドロレス・アンブリッジ役を、アカデミー主演女優賞にノミネートされた英国女優イメルダ・スタウントンが演じることに。また、ハリーたちの新たな友人になるレイブンクローの4年生、ルーナ・ラブグッド役のオーディションも進行中で、キャスティング部隊が英国中の学校を回っているところ。この役には英国に住んでいる女の子なら誰でも立候補することが出来るとのことで、「4」のチョウ・チャン役に続いてまったくの新人がキャスティングされる可能性もある。監督は、TV出身の新鋭デビッド・イェーツ。06年早々には撮影を始め、07年6月に全米劇場公開予定だ。~「エイガ・ドット・コム」より
 ・ハリーには実は○○があり、水中では○○呼吸が出来る!?(○○については公式サイトでチェック!)。
 ・「(この映画はサスペンスが主人公)」~監督談。
 ・元PULPのジャービス・コッカーレディオヘッドのフィルとジョニーが魔法界の超売れっ子バンド「妖女シスターズ」としてカメオ出演。
 
この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)
 
 ・子供にはショッキングな映像が・・・。
 ・原作を端折り過ぎ。
 ・4作品中、一番暗い出来。
 ・展開速すぎ・・・
 ・チョウ・チャン役に疑問を持つ方も・・・。

この新作映画の概要

【STORY】
 魔法学校4年生になったハリーは初めてクイディッチ・ワールドカップを観戦。が、決勝戦の後ハリーに深い関わりのある事件が起きる。
 そして100年ぶりに行われる3大魔法学校対校試合
 その選手は17歳以上でなければならないのだが、ゴブレットにより14歳のハリーが選ばれてしまう
 バッシング親友ロンの疑惑の目を感じながらハリーは対校試合に挑む。
 そして遂にホグワーツの敷地内で痛ましい殺人事件が起きる。
 それにはあのヴォルデモートが関わっていた・・・。

【監督】マイク・ニューウェル  
【CAST】ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ケイティ・ラング ロバート・パティンソン

分析者寸評

 世界中の熱狂的なファンで支えられているシリーズの新作4部目。この作品の分析を一言で言うと、「原作を端折ってはいるが、原作のファンにもあーだこーだ言われながらも、最後には『でも面白かった!』と言わせる実力を持った作品」という事になる。逆に原作を知らない人、または予習不足(過去の3部作を観ていないなど)の人には展開が速すぎてついていけないかもしれない。また、この作品は過去の3部作が子供向きであるとするならば、かなり大人向きの映画であるといわざるを得ない。主人公が14歳なのに(w)。

この作品の公式サイトです↓
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html

この作品のワーナーブラザーズ公式サイト日本語版です↓
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/gobletoffire/

ハリーポッター、ホビーの世界↓


この分析が参考になりましたら、ポチッとお願いします↓







(C)2005 Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

お宝£http://www.464.jp/
Copyright (C) 2004 464.jp inc.All rights reseved




★ビリ修行に行ってきます★

2005.11.18(10:03)
昨日から今までアクセスアップ方法の収集やらAMAZONさんの広告探しやらでネット三昧・・・。
正直目が疲れた~!!
映画更新しなくちゃとは思うのですが、これから日曜日まで遠征(ビリの修行)に行ってくるので更新は早くて日曜になりそうです。
次回更新を楽しみに()待っててねー



「エリザベスタウン」

2005.11.16(19:02)
photo_22.jpg


分析中の感想「ビリヤードのトーナメント成績振るわずお休みしておりました(ペコリ)。今日から再開。

【STORY】
 靴デザイナーのドリュー(ブルーム)は、社運を賭けて取り組んだ自らの新商品が市場に受け入れられず、社に10億ドルの損害を与えてしまう。
 追い討ちをかけるように恋人にも見限られ、夢も希望も失った彼は自殺マシンまで作る。が、そんな彼にトドメの一撃が・・・。
 故郷の父が亡くなった知らせが届いたのだ。
 葬儀のためエリザベスタウンに向かった彼は、飛行機の中で人懐っこい客室乗務員クレア(ダンスト)に出会う。

【監督】
 キャメロン・クロウ  
【CAST】
 オーランド・ブルーム
 キルスティン・ダンスト / スーザン・サランドン / ジェシカ・ビール

映画のウリは?
 
 ・絶望からはい上がる青年の心の旅。
 いくつもの不幸が重なり、絶望のどん底に突き落とされた青年が、再び生きる希望を取り戻すまでの6日間を綴った人間ドラマ。人生の機微、人心の複雑さや素晴らしさが、上質のユーモアを交えて描き出される。オーランド・ブルームが主人公の心の葛藤を、豊かな演技の中に披露している。(yahoo!ムービーより)
 ・プロデュースは「宇宙戦争」主演のトム・クルーズ。
 ・キャメロン・クロウ監督は音楽雑誌の編集者だったため、彼の映画のほとんどのサウンドトラックが人気。選曲のセンスに定評がある。オレンジ文字をポチットな♪↓

パラマウント映画提供「エリザベスタウン」オリジナル・サウンドトラック
B000B63EVU.01.LZZZZZZZ.jpg


 
どんな人向き映画?
 
 ・”あたたかい映画”が観たい方。
 ・最近嫌なこと続きで落ち込んでいる方。
 ・人の「」というものの素晴らしさに触れたい方。
 ・単なる恋愛映画では物足りない方。
 ・オーランド・ブルーム(ロードオブザリング、パイレーツオブカリビアン)のファン。
 ・キルスティン・ダンスト(スパイダーマン1&2)のファン。 
 ・設定に大なり小なり疑問があっても、映画を楽しめる方。
 
この映画のネタは?
 
 ・監督自身父を亡くした事をきっかけにこの作品の脚本を書いた
 ・O・ブルームも父親を4歳の時に亡くしている
 ・O・ブルームは18ページにも及ぶ長台詞を一発でキメタ
  「電話をしながら(キャッチホンを使って)3人の相手と、3つの会話が平行して進行するというとても難しいシーンだった。でもキャメロンは驚くほど素晴らしい脚本家であり、同時に最高の監督でもあるんだ。だから、演じているうちにその役になりきれたから出来たことだと思うよ」~FLiXムービーサイト:インタビューより~
 ・この映画でキルスティン・ダンストへの評価がアップしている模様(スパイダーマン3も撮影準備に)。
 ・ヤフー、10分間の本編ダイジェスト配信

この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)

 ・いろいろな意味で設定が「ありえない」リアリティがない)。
 ・アメリカンジョーク(?)が理解できない。
 ・凄く期待して観にいったら・・・。
 ・監督の一人歩き

分析者寸評
 
 ふさぎ気味の気分が改善される」と評判の映画。
 が、多くのレビューは設定がおかしいという評価をしている。
 という事は・・・、
 つまり映画の設定まで気が回ってしまう(”つっ込み”が好きな)観客ではなく、設定より物語の訴える要素に共感できる観客を、この作品は選ぶということになる。それを踏まえたうえで劇場に足を運ぶかどうかを判断して欲しい。


この作品の公式HPです

http://www.e-town-movie.jp/

オーランドブルーム関連作品




この分析が参考になりましたら、ポチッとお願いします












○明日はハウストーナメント!

2005.11.12(16:33)
明日はビリヤードのトーナメントです。
もうそろそろ優勝か準優勝したいなあ・・・。
まだ無理だろなあ・・・。
今回そこの店のHT(ハウストーナメント)はボウラード250点越えの選手がぞろぞろ集まります。
ボウラードとは、簡単に言うとボウリングのビリヤード版
そう考えると250点越えの凄さが分かると思いマス
ボーリングでは1ゲームどんなに上手く投げても10球程、しかしビリヤードの場合は満点に近い点を出す為には約100回以上球を撞かなければならない(ミスはほとんど許されない)のですから、その集中力の持続たるやすさまじい物です
ちなみに現在ビリヤードのプロテストは三ゲームで660点、つまり平均220点以上を三ゲーム、というものです。
じゃ、練習行ってきます
是非ポチッとお願いします

「地球を守れ!」

2005.11.12(07:05)

韓国・SF
総合評価83点
演技7か8
映像
内容4か8(観る人によって異なると思う)
展開が凄過ぎて度肝抜かれまくり度 120%

 【STORY】
 長期にわたる独自の研究により、エイリアンが秘かに地球に潜入し、いよいよ人類を滅亡させようとしていると確信した青年ビョング
 そしてビョングに一途な想いを寄せる太めの少女スニ
 製薬会社のカン社長がエイリアンであると疑わないビョングは、スニと共にカン社長の拉致に成功、山奥の隠れ家に監禁する。
 次の皆既月食までにエイリアンの王子に会わなければならないと主張するビョングは、王子の居場所を吐かせようとカン社長に迫る。
 ビョングの話がまるで理解できず困惑するばかりのカン社長だったが…。

ジキル いや~、やっと管理人僕たちコメントをOKしてくれたよ。
ハイド 久々に吸うシャバの空気は美味いな。
 それじゃ開放された囚人みたいだよ。
 今はそんな気持ちなんだ。まったく管理人のヤツ、「今は劇場公開中映画を重点的にアップしなきゃならない時だから、君たちは引っ込んでて」だと!?何様だあいつは!!映画好きが何言ってんだ!自分の意見は棚に上げて世評ばっかり追いやがって!
 まあまあ。彼は彼なりの考えがあるんだ。それに今回ちゃんとこうやって機会をくれたんだし。
 おう、いつまでもぐちぐち言うのは俺も好かん。さっそく本題に入ろう。・・・しかしまあ、評論のしがいのある映画が作られたものだ。俺は純粋にうれしいぞ。この作品を俺一人の独断と偏見で評価させてもらうと次のようになる。
 1 パッケージ騙されるな
 2 情緒不安定な時にこの映画を観るな。
 3 観終わった後に文句を言うな。
 4 伊武雅刀のファンは観るな。と、いっても本人が出演しているわけではないぞ、念のため。
 5 この映画を観終わった後にどこかで韓国人を見かけても、その人を絶対変な目で見るな
 
 と、まあこんなところだ。あ、あと下手なサスペンス映画よりずっと深いどんでん返しが用意されている事を、追加で述べておこう。ここまでどんでん返しが多い作品を、俺ははじめて観たと思う・・・。
 あ、あのさ、僕の意見は?
 わはは、今回お前の出番は無い。
 ・・・コメディー&サイコスリラー&SF&サスペンス=この映画!!って言えるよね。
 う・・・、か、簡単に言うとそうだな。
 「SAW」とか「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は僕のサプライズ映画の上位にあるんだけれど、ある意味それ以上にサプライズかも!?って感じの映画だった。

ガチャ(二人の後ろでドアの開く音)。

管理人「な、なに勝手に投稿してるんだお前達!」

「あ、やべっ!!」
「・・・!?・・・も、もしかしてジキル、お前の独断か!!」
「ここは一つ・・・。逃げるが勝ち!!!」


管理人「そういえば彼らの事、ずっと忘れたいたなあ・・・

この分析が参考になりましたら、ポチッとお願いします

「TAKESHIS’」

2005.11.11(02:04)
8e25dcad9b720bda5014ebbfa89aeee9.jpg

分析中の感想「手探り状態・・・(w)」

【STORY】
ある時は戦士、ある時は殺し屋、さまざまな人間になり切り、テレビや映画で活躍する、ショウビズ界のセレブ、ビートたけし。一方、彼とそっくりな北野という男は、コンビニの店員として働きながら役者を目指していた。二人がであった時以来、北野は架空の世界で自分がビートたけしとなる奇妙な夢を見はじめる・・・

【監督】北野武  
【CAST】ビートたけし 京野ことみ 岸本加世子 大杉漣 寺島進

映画のウリは?
 
 ・監督、脚本、編集、主演、すべてが北野武という、武自身の内面を描いた実験的映画。  ・第62回ヴェネチア国際映画祭に正式出品されたことでも話題になった。
 ・脇を固める俳優陣も岸本加代子、寺島進など北野映画の常連のほか京野ことみがセミヌードにもなる体当たり演技を披露。
 ・つじつまの合わない出来事も純粋に楽しめるエンターテインメントムービー。(以上yahoo!ムービーより)

どんな人向き映画?
 
 ・いわずもがな、北野武のファン
 ・同じく、ビートたけしのファン
 ・北野作品に好感を持っている人。
 ・幻想と現実の違いをはっきりさせない映画が好きな人。
 ・一人二役映画が観たい人。
 ・物事を突き詰めて考える癖のない人。
 ・不条理映画が好きな人(デヴィッド・リンチの比ではない)。
 
この映画のネタは?
 
 ・”北野武と北野作品ファン”にはうれしい場面満載。
 ・過去の北野作品のキャラクターや名シーンが随所に散りばめられているのでデジャヴー感覚に陥ったり、監督自身の内面を投影したシーンもあり切なくなることもあるかも
 ・京野ことみが今までのイメージを一掃する大胆演技を見せる。
 ・「あくまで客観的に観ると面白い映画」という意見多。
 
この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)

 ・難解すぎ。
 ・凡人には分からない
 ・理解不能映画(確信犯?)。
 ・不条理映画(これは多分酷評ではなく事実です)。
 ・京野ことみはこんなところで脱いで大丈夫なのか?
 ・この映画には本当は武の真意など無いのではないか

分析者寸評

 評論家達の意見までも真っ二つになった映画の登場だ。
 はっきり言って過度な期待はしないほうがいい。ただ、北野監督に完全にシンクロできる人間には、これ以上無い映画なのだろうとは思う。 私事ではあるが、分析者も実は北野監督の「座頭市」は結構好きだ。”タップダンスと時代劇など合わない”と今でも思っているのだが、不思議なことにあの映画を思い出す時には必ず頭の中でタップダンスが流れている。
 北野作品が様々なところで評価されているのは、登場人物の感情表現は抑えられているものの、情景や音楽、そして人物たちの「行動」から、登場人物の思いや「生き様」が伝わってくるからだと思う。
 ただ、その行動が世間一般では突飛だったり異常だったりするので反感を買うのだろう。
そしてまた、北野作品は監督自身の心の内を、激しく投影もする。監督の生い立ちを知りたいと思い、今何を考えているのかを知りたいと思う人たちで、映画の評論は沸き立っている。


この作品の公式HPです↓
http://www.office-kitano.co.jp/takeshis/



この分析が参考になりましたら、ポチッとお願いします



「ブラザーズ・グリム」

2005.11.10(22:57)
yokoku.jpg

分析中の感想・「ファンタジーは意見分かれるんだよなあ・・・

【STORY】19世紀、フランス占領下のドイツで、兄ウィル(マット・デイモン)と弟ジェイコブ(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は、魔物退治をすることで生計を立てていた。しかしその魔物退治には大胆な秘密があった・・・。その秘密を見抜かれ、兄弟はマハルデンの森で起きた少女失踪事件の調査をするハメになる。

【監督】テリー・ギリアム
【CAST】マット・デイモン ヒース・レジャー 
    モニカ・ベルッチ ジョナサン・プライス レナ・へディ

映画のウリは?

・「赤ずきん」「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」などの名作誕生の陰に恐怖と魔法のアドベンチャーがあったとしたら……。
 「12モンキーズ」「未来世紀ブラジル」「フィッシャー・キング」の、テリー・ギリアム監督の7年ぶりの新作。これらの童話の作者グリム兄弟が体験する、愛と冒険に満ちた未知なるファンタジー。
 ハリウッドで最も多忙な人気スター、マット・デイモンや若き実力派ヒース・レジャー、ヨーロッパの宝石モニカ・ベルッチなど豪華キャストが出演する、大胆かつ独創的な映像で描く冒険ファンタジー。(yahoo!ムービーより)

どんな人向き映画?

 ・鬼才テリー・ギリアムが大好き(コレ重要!)。
 ・マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチのファン。
 ・「チャーリーとチョコレート工場」よりダークなファンタジーが観たい(おどろおどろしい雰囲気が好き)。
 ・盛り上がりの無い映画でも観られる。
 ・テレビCMを過信せずに観ることが出来る。
 
この映画のネタは?
 
 ・女子高生限定試写会に野村沙知代がゲストとして参加。
  鏡の女王を思わせるドレス&ティアラで登場!!!(何故か分析者はこの映画を体現しているなあと思うのでした・・・。)
 ・トークについては公式HPの「REPORT」をご覧ください。「そうでしょ?」連発。しかしやはり年長者なりの意見も知ることが出来る・・・。
 ・コメントは多数あるが、分析者の気に入ったのを一つ。
  「テリー・ギリアムは赤ん坊の頃から今まで、ずっと深い眠りにあり、夢を見続けているのだと思う。これはその夢の一部だ。」 -爆笑問題・大田光
・ジョニーデップがウィル役という予測もあったが、スケジュールの都合でかなわず、デイモンに。
 ・魔女役には、二コール・キッドマンやユマ・サーマンの名前も上がっていた。

この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)
 
 ・万人受けはしないだろう。
 ・この監督は変人(この意見はプラスの意見としてもとらえられる)
 ・DVDで十分。
 ・話が散漫。まとまりなし。
 ・内容に起伏が無い。

分析者寸評
 
 あ~、三丁目の夕日の分析を終わってすぐこの作品の分析に取り掛かったのだが、ジャンルは違えども、はっきり言って大差がある。上記にもあるように、この作品はテリー・ギリアムを良く知る人、または知りたい人向きなのだろう。それか出演者のうち誰か一人のファンならとりあえず・・・というところだ。お笑い芸人のすべった時・・・という表現があっているかもしれない。

この映画の公式サイトです↓
http://www.b-grimm.com/







「ALWAYS~三丁目の夕日~」

2005.11.10(21:11)
poster02.jpg


分析中の感想:「『心配させんなよ、お前とは縁もゆかりもないんだからな』」(劇中の台詞引用)

【監督】 山崎貴
【原作】 西岸良平
【脚本】 山崎貴 、古沢良太
【音楽】 佐藤直紀
【CAST】 吉岡秀隆 、堤真一 、小雪 、堀北真希 、三浦友和
【STORY】
  昭和33年東京下町
 東京タワーが完成するこの年、夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真紀)が住み込むことになる。
 また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。
 
映画のウリは?

 ・昭和33年の古きよき日本を舞台に、家族の触れ合いを描いた心温まる人情ドラマ
 ・下町の住民たちには、吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子ら豪華メンバーが集まり、昭和の雰囲気を存分にかもし出している。
 ・『Returner リターナー』などVFXを使用した作品の多い山崎貴監督が、本物に引けを取らないほど美しい夕焼けを作り出すことに成功した。
 ・ほかにも建設途中の東京タワーなど、当時の日本が忠実に再現されている。(yahoo!ムービーより)

どんな人向き映画?
 
 ・万人向き。
 ・特に昭和30年代、40年代を生きた人達には忘れられない映画になるだろう。
 ・現代の、機械的で冷たい生き方のために心も冷え切っている人向き。
 ・または頑張って生きる希望や力を得たい人向き。
 ・分析者の意見としては、学生たちの課外授業として観てもらいたい。

この映画のネタは?

・原作は西岸良平のシリーズ総発行部数1400万部を誇るコミック。
・人々の記憶にある時代の、たくさんの人が目にしているはずの”東京”の再現に心血を注いだ作品。
・各界から寄せられる絶賛。一部を紹介↓
 
 「昭和33年の、日常の風景。そこには、夕日のような、じんわりと伝わってくるあたたかさがあった。本当の意味での豊かさを、今もう一度、教えられた」 -女優:石田ひかり
 
 「昨今の成功者たちの目はどこか「ギョロリ」としていて嘘を上手に付いているようにしか思えない。それに比べて、この作品の登場人物たちの目は、みな真っ直ぐ前を向いていて輝いています。夢に向かって汗した時代があったからこそ今がある、という事を若い時代に伝えられる作品だと思います。」 -フリーアナウンサー:徳光和夫
 
 「僕が生まれた年の設定で、「そうだ、こんな毎日だったんだ!」と昔の暮らしがよみがえりました。泣けて、笑えて、じーんときて、あっという間に「完」の文字が・・・。面白い!」 -婦人公論編集長:三木哲男 
 「夕日は明日、次の時代に続いていくもの。あの時代に生きた人々の「一生懸命」に恥じない生き方をしたい」 -モデル:押切もえ
 
この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)
 
 ・わはは。笑うトコロではありませんが、殆ど酷評が皆無・・・。
 ・良い評判が圧倒的です。
 
分析者寸評
 
 ここまで良い評判が圧倒的に多い作品は類まれだ。
 原作を少し読んだことがあるが、それが絵的にあっさりしているためか、ここまで原作を昇華させることの出来たスタッフやキャストのみなさんは、実に幸福だと思う。
 現にこの作品に関わった人たちは自分からこの作品について人に話したがるという。
 近年原作がある作品の実写化はダメダメ路線を進んでいたと思われるのだが、ここにきてこの映画の出現は、日本映画界の貴重な財産となるだろう。
 

この作品の公式HPです
http://www.always3.jp/index02.html





「ジャンヌ・ダルク」~ベッソン監督のジャンヌ観~

2005.11.05(16:40)
1603493946.jpg


コメントでご要望この映画に関する監督の見解について)があったので、早速調べてみました。

●べッソンのジャンヌ観:「人を殺すのに正当な理由などない。ましてや神の御名のもとに殺すことは出来ない」

●ジャンヌの物語の映画化に一年も打ち込んできた監督だが、べッソンのジャンヌ観は、明快かつ複雑だ。「ジャンヌが善良なキリスト教徒になりたかったのなら、善人になりたかったのなら・・・故国を解放しようという動機がいくら正しくても、虐殺に加わるのは間違っていた。汝、殺すなかれ・・・これは十戒に入っている」
 「人を殺すのに正当な理由など無い。自分の為、家族の為、子供の為に戦うことは出来るが、神の為に戦うなんて。神の御名のもとに殺すことは出来ない。それは間違っている。そういうふうには教えられていない。平和に暮らすよう教えられているはずだ。」
 死後25年を経て、法王カリストゥス3世はジャンヌの無罪を宣した。今日もなお、学者たちはジャンヌが見たという幻の真偽を疑っている。「ジャンヌ・ダルク」は、信仰と愛と信頼と忠誠心を描いた感動的な物語だ。観客も同じ問いかけをしないわけにはいくまい。

 
 以上公式サイトhttp://www.sonypictures.jp/archive/movie/joanofarc/よりの引用でした。お役に立てたら嬉しいな~。

「SAW2」

2005.11.04(18:56)
saw_2.jpg

※アンケートで当ブログが単色の方がよいという意見を頂戴しましたので、今回は試験的に単色にて掲載します。

分析中の感想:「近年まれに見るグロサスペンスの続編!さてどうなるか・・・」

【監督】 ダーレン・リン・バウズマン
【CAST】 ドニー・ウォルバーグ  トビン・ベル  ジョン・ファロン  フランキーG エリック・ナドセン グレン・プラマー ダイナ・メイヤー ビヴァリー・ミッチェル ショウニー・スミス 
【STORY】
 刑事エリック(ドニー・ウォルバーグ)の下に事件発生の知らせが。
 現場には惨殺死体が転がっていた。
 エリックの頭の中に、世の中を騒がせた、連続殺人犯ジグソウの影がちらつく。またしてもジグソウの犯行なのか?
 そしてあっけなく捕まったジグソウの真の目的とは!?

映画のウリは?
 
・低予算作品ながら、驚愕のトラップと最後の度肝を抜くオチで大ヒットした、サスペンス・ホラーの第2弾。
・前作で監督を務めたジェームズ・ワンは製作総指揮、監督には新進のダーレン・リン・バウズマンを迎え、前作を凌ぐ衝撃作に。
・1に引き続きトビン・ベルが狂気の殺人犯を演じ、病的なまでに恐怖に満ちたゲームをまたまた続行させる。
・今回の囚人(とらわれびと)は8人(その中に鍵となる人物が)。
・親子の関係描写やジクソウの完全な動機も明かされる。

どんな人向き映画?

・サスペンスホラーが好き
・「SAW」を観た事があり、気に入っている
・「SAW」の謎が解明された作品を観たい
・「セブン」「羊たちの沈黙」等が好き
・「CUBE」の続編「CUBE2」に失望した人(つまりは続き物は駄目だと思っている人)
トビン・ベルのファン
・平行して違う物語(場所が違うだけで、物語は完全に絡む)が進展する映画が好き

この映画のネタは?

 ・1とは監督が違う(上記参照)。
 ・1を観ている人でこの「SAW2」を酷評する人は皆無に等しい。
 ・ドニー・ウォルバーグはマーク・ウォルバーグ(「猿の惑星」等)の兄
 ・あのグロカワ(?)マスコットも再登場!↓↓↓
7d72c4cf23653df74b6aa1155bde6fab.jpg


この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)
 
 ・痛すぎる(この意見多数)!!自分の身体に傷が付く感覚。
 ・前作を上回ってはいない(しかし下回っているという意見もあまり無し)。
 ・前作のウリである『パズル的要素』には欠ける。
 ・面白かったがもう一度観る度胸は無い。
 ・「SAW3」が出来るのかは不明だが、2で完結、が納得いく。
 ・密室に8人は多すぎ?

分析者寸評

 あの「SAW」の続編!
 悪く言うと「前作を超えられなかった」
 良く言うと「前作に勝るとも劣らない」
 まあこれらの意見からは、前作が結構評判高かったので、この作品がいかに頑張って作られた(色々な意味で)かがわかるというもの。
 ただ、この作品は多くの人が言っているように「SAW」を観てから観るべき。そうじゃないと面白さは半減するだろう。それと痛い描写が苦手な人は観ない方がいい。やたらめったら酷いから・・・。だからこの映画に誘う人も誘われる人もよく考えよう。誘う相手を間違えぬよう、誘われても熟慮するようにお勧めする。ただ、「2」というだけあって「1」を観ずに行く人は稀かな(w)?
 頭が冴えていない時に鑑賞すると、ただただ怖いだけかも。是非体調のいい時に鑑賞する事をオススメする。

「SAW2」の公式HPです
http://www.saw2.jp/

「SAW」の公式HPです
結構充実してます。1を知りたい方。
http://www.sawmovie.jp/



無料でエンタメ♪~「Gyao」編~

2005.11.03(01:52)
 最近僕が重宝している、無料で楽しめるエンタメをご紹介します。
 お役に立てると嬉しいなあ
 今日はエンタメ総合を一つ。
 
 パソコンテレビ「Gyao」
 http://www.gyao.jp/
 これは何がいいかというと、まず全て無料
 そんなの今の時代当たり前、というなかれ!
 ニュースから映画、音楽、ドラマ、スポーツetc・・・。
 それらが全て、観たいと思う時に楽しめる。
 これ重要。
 例えば普通のテレビなら、休日で予定無いのに朝早くに目覚めてしまった!という時、ドラマや映画はやっていないしミュージッククリップなんかは当然やってない。
 しかし「Gyao」なら、あらゆるジャンルが時間を選ばずにパッと観られる。
 上記の例とは逆に、全てのニュースが終わった夜の8時とかにニュースを観たくなったら、9時まで待たずにタダでパッと観れる。
 「今日は何をやっているかな」と、新聞を見て、番組を時間に拘束されて選ぶ時代ではなくなりつつあるのかもしれません。
 特に僕が「Gyao」で重宝しているのは、映画ブログを書くにあたり、関連作品の紹介ができたり(タダで視聴可能、結構な話題作もある)、劇場で公開中の本編そのものの最初の5分を視聴できたり(テレビでは絶対にあり得ない)する作品を紹介したり(スゴイ!)。
 長々と説明しましたが、この「Gyao」、かなり使えます。
 ちなみに今の僕のお気に入りはアニメの「ぼのぼの」♪
 補足・・・。
 映画はちょっともたつくけど「飛ばし再生」ができます!
 この機能も普通のテレビじゃあり得ないでしょ

「春の雪」

2005.11.03(00:52)
1e8fccbd4ea9008dc166703aff08340a.jpg

分析中の感想:「うわー、やばい、難しい(w)!」
【監督】 行定勲
【原作】 三島由紀夫
【CAST】妻夫木聡 竹内結子 高岡蒼佑 及川光博 田口トモロヲ
【STORY】
 時代は大正、幼なじみのふたり、侯爵家の子息・松枝清顕(まつがえ きよあき:妻夫木聡)と伯爵家の令嬢・綾倉聡子(あやくら さとこ:竹内結子)。
 いつからか聡子は、清顕を恋い慕うようになっていたが、清顕は彼女の想いに気づきながらも、不器用な愛情表現でしか想いを伝えられないでいた。
 そんな折、聡子に結婚の話が持ち上がる。
 聡子は清顕とのすれ違いと、自分の家の復興のためにやむなく承諾するが、婚約が決まると二人は互いの愛に気付き密会を重ね愛し合った・・・
 そして悲劇の幕開けとなる事件が起こる・・・。

映画のウリは?

・若い二人の禁断の恋と悲劇を描いた作品。
三島由紀夫「豊饒の海」4部作の第1巻「春の雪」を、『世界の中心で愛をさけぶ』で純愛ブームを牽引し、「北の零年」で大河ドラマを撮りた行定勲監督が映画化。
大正時代華やかかつ退廃的ムードを、叙情的かつ豊潤に撮影。
 
どんな人向き映画?
 
 ・叶わぬ愛悲恋物が好き
 ・大正時代の雰囲気がめっぽう好き
 ・学生服を着た妻夫木聡を見たい
  http://www.horipro.co.jp/hm/tsumabuki/← 妻夫木聡公式サイト
 ・竹内結子の、ある程度の濡れ場を見たい
 http://www.stardust.co.jp/rooms/yuko/←竹内結子公式サイト
 ・原作がある作品を、原作と比較しないで観る事が出来る
 ・どんなラストであっても自分なりに解釈できる
 
この映画のネタは?
 
 ・150分の長編映画
 ・撮影は台湾出身のリー・ピンビン
  香港などアジア映画で活躍する実力派カメラマン。全米批評家協会賞を受賞。動的カメラワーク、視覚に訴える映像美を作り出すことの出来る実力者(本作を見た方からは映像美を絶賛する声が圧倒的)。
 ・原作は三島由紀夫の遺作。世界の名だたる映像作家から映画化の話があったため、今回の映画化は世界中から注目されている。
 ・「僕は、この物語はハッピーエンドになっていると解釈しています。」→妻夫木聡、初日舞台挨拶より
 ・清顕の親友、本田(高岡蒼佑)の友情に感情移入する方多数。
 
この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)
 
 ・2時間半は長い(原作の内容を映像化するに当たって、カットする部分が少なかった為という意見もある)。
 ・紅葉!?(観てのお楽しみ)
 ・ウタダヒカルの歌がラスト・・・。大正映画に合わないのでは?
 ・大切な時間を過ごす二人のシーンが物足りなかった
 ・脇役にもう少し時間ワクを持たせてもよかった。
 ・ミッチー(及川光博)ファンはガックシ(はまり役なのに時間ワクが少ないという)。
 ・竹内結子の顔が白くつぶれて映っているのがいただけなかった。

分析者寸評

 三島由紀夫生誕80年、没後35年という節目の年に公開された本作、『春の雪』。
 第10回釜山国際映画祭、第18回東京国際映画祭でも注目の作品として迎えられ好評を博したというだけあって、映画好きの方々から、三島由紀夫ファンならずとも文学に通じる方々の意見(レヴュー)が多く、正直分析は難しかった。
 それでともすると簡単な分析になってしまったかもしれないがあしからず。
 ただこの映画に限って一つだけいえるのは、やはり原作と映画は過度に比較してはいけない、ということだ。
 「原作のこの部分が好きだった(または重要)のに映画では描写されていない」「もっと違う雰囲気を期待していた」というのはよくある事で、それを万人に受け入れられるように作るには、奇跡が起きない限り無理だ(その奇跡は存在しているらしいが)。


この作品の公式HPです
http://www.harunoyuki.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。