アクセス解析
時代を斬る! 「私の頭の中の消しゴム」
かちこみだー!

予告はココで!

最近のコメント
最近の記事
↓はまらないでね↓


おまけ spaceinvaders

遊ぶブログ

ブログで百科事典


映画の本

プロフィール

ラウール

Author:ラウール
ビリヤード暦6年以上。
映画鑑賞暦数十年。
ページ右の「カテゴリー」から入っていただくと、興味のある情報を一括で見ることが出来ます。
出来ればコメントよろしく~   (*u*;)v

月別アーカイブ
NEWS

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「私の頭の中の消しゴム」

2005.10.26(02:20)
watasi1.jpg


【監督】イ・ジェハン 
【CAST】チョン・ウソン/ソン・イェジン/ペク・チョンハク/イ・ソンジン/パク・サンギュ

【STORY】
 建築現場で働く孤独な青年チョルスと社長令嬢スジンが恋に落ち結婚。しかし幸せは長くは続かなかった
 スジンが若年性アルツハイマー病と診断されたのだ・・・。

映画のウリは?

人気韓流スター、チョン・ウソンソン・イェジン共演の純愛映画。
 最愛の人にめぐり合った男女の喜びと、女性が不治の病という試練に直面した時の二人の悲しみを、情感豊かに紡ぎ出す。

どんな人向き映画?
 
 ・チョン・ウソン(代表作・「MUSA~武士~」GYAOで無料配信中!05/10/26現在「ユリョン」「KUMIHO/千年愛」)のファン→非公式ファンサイトはこちら↓
 http://www.geocities.jp/woosung_fan/
 ・ソン・イェジン(代表作・「夏の香り」「四月の月」)のファン→非公式ファンサイトはこちら↓
 http://takatoriman.gozaru.jp/
 ・純愛映画が大好き
 ・とにかく心がすさんでいる
 ・韓国映画が好き
 ・恋愛中のカップル
 ・恋をしている一人身
 ・泣きたい

この映画のネタは?
 
 ・原案は日本人「木村元子」さん執筆。
 ・TVドラマは「ピュアソウル」として日本で製作公開されている。
 ・劇中で挿入歌として使用されている「A moment to remember」は、大島ミチル氏が作曲した「風笛」のカバー曲。一時盗作騒ぎになった
 ・ チョン・ウソンは中学の頃から映画業に憧れ高校中退。礼儀正しく気配りがある俳優。特技はバスケと水泳。
 ・ソン・イェジンはソウル芸術大学映画科出身。特技は水泳。なんとクセは寝言を言う事!!

この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)
 
 ・発病するまでの展開が長い
 ・コンビニのシーンはいらなかったのでは?
 ・夫が過剰に凶暴に見えた
 ・原作TVドラマの方がよかった
 
分析者寸評

 今年の「文句無しに泣ける映画」と言えるのかもしれない。ただ、無感動の人、映画の構成などの細部にまで気が散ってしまう人、韓国の恋愛物が駄目な人は、やっぱり泣けないだろうなあ。あと、追記で・・・→桂木ユミさん(左記のリンクよりどうぞ)のように、実際に病気で大切な人を亡くしたことのある方は彼女と同じように泣けないかもしれません。なぜなら映画を観ながら自分と大切な人との間に何があったか、その経緯と結末を知っている故に冷静な目でみてしまい、登場人物に感情移入できない可能性があるからです。しかし、ただ泣く為だけにこのような映画が存在するのではないという事も、考えてみるべきなのかもしれません。

この作品の公式HPです
http://www.keshigomu.jp/index2.html

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://billimovie.blog25.fc2.com/tb.php/30-b5e272a8
  • 「私の頭の中の消しゴム」をみた。【今日も明日もカエラと映画とマンガ】
    「そんなにね、世の中、山や谷はないですよ」by奥田民生 どーも。もー見る映画がなくこんなの見ちゃいました。私の頭の中の消しゴ
【2005/10/28 20:13】
【2005/10/28 16:05】
【2005/10/26 23:17】
【2005/10/26 14:20】
  • 死よりも残酷な生がある◆『私の頭の中の消しゴム』【桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」】
    9月22日(木)試写会にてこのタイトルが、ストーリーの50%を語っている。私はどんな作品か、タイトルを聞いただけでどんな話かだいたい分かった。主人公は若い女性。彼女が『若年性アルツハイマー病』にかかり、新しいものからどんどんと記憶が消えて行く…という話だ。...
【2005/10/26 10:25】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。