アクセス解析
時代を斬る! 「ティムバートンのコープスブライド」
かちこみだー!

予告はココで!

最近のコメント
最近の記事
↓はまらないでね↓


おまけ spaceinvaders

遊ぶブログ

ブログで百科事典


映画の本

プロフィール

ラウール

Author:ラウール
ビリヤード暦6年以上。
映画鑑賞暦数十年。
ページ右の「カテゴリー」から入っていただくと、興味のある情報を一括で見ることが出来ます。
出来ればコメントよろしく~   (*u*;)v

月別アーカイブ
NEWS

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「ティムバートンのコープスブライド」

2005.10.27(17:39)
20051027171738.jpg

【監督】ティム・バートンマイク・ジョンソン
【ヴォイスCAST】ジョニー・デップヘレナ・ボナム=カーターエミリー・ワトソン

【STORY】
 19世紀イヨーロッパ。貧乏貴族の娘ヴィクトリア(E・ワトソン)との結婚を控えた富豪の息子ヴィクター(J・デップ)。つまりは政略結婚なのだがお互いに好意は持っている。
 だが一人でリハーサルをしていたビクターが、知らずのうちに死体の花嫁(訳すると『コープスブライド』となる)(ヘレナ・B・カーター)に「結婚の誓いの言葉」を告げてしまった・・・!そのため彼は勘違いした「花嫁」に死者の国へ連れ去られてしまう・・・。
 ヴィクターをこの世に連れ戻そうとするヴィクトリア、自分を愛してくれる人を待ち続けていた死体の花嫁、そして純粋にして内気なヴィクターの3人が綴る切なくも美しい物語
 
映画のウリは?
 
 ・奇妙奇天烈、かつ映像美を独自に追求した数々の映画を作り出してきたティムバートン監督の、「バートンワールド」全開炸裂の映画。
 ・『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』から12年ぶりとなる、ティム監督が挑んだブラックユーモアたっぷりのストップモーションファンタジーアニメ
 ・全編通して「コマ撮り」で撮影されているため、CGにはない深い味わいがあるという。
 
どんな人向き映画?
 
 ・ダークファンタジーが好き
 ・ロマンチスト
 ・切ない映画が好き
 ・生涯のパートナーと観る
 ・リアルを追求した3Dアニメ(この映画は3Dではありませんが)が大好き
 ・異形の物が好き
 ・オチがある程度分かっていても映画を楽しめる人
 
この映画のネタは?
 
 ・「死体の花嫁」の声に、バートン監督の公私のパートナーであるヘレナ・ボナム=カーターが起用されている。
 ・1、2秒の映像を撮影するのに、実に12時間もの時間を要した。
 ・パペットの頭部には複雑なギア装置が組み込まれているため、より多くの微妙な表情の変化が作れるようになった。
 ・が、そのため本作のパペットは、従来のより大きい30センチという身長になったので、準じてセットや小道具も大きくなり、セットは通常の2~3倍になった。
 ・J・デップは声優初挑戦(『チャーリーと~』と平行して撮影)。
 ・現世はモノトーン風、死者の世界はカラフルに、生き生きと描かれている。
 ・実はティム監督の出発点はモデルアニメ(『ヴィセント』)。
 ・人気なのがガイコツ犬の『スクラップス』。かわいいと評判。
 ・骨たち(ボーンジャングルス)のダンスも人気。
 ・公式サイトの左上にある「ENTER FLASH SITE」の看板からフラッシュサイトに入り、長老に会ってあることをするとスクリーンセーバーがもらえる。
 
この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)
 
 ・77分は短すぎ(製作にかかる時間を考えると納得しないかな~?)。
 ・オチが分かってしまった。
 ・緻密すぎて3Dアニメを観ているような錯覚に陥った。
 ・CGでもよかったのでは?(この意見多数)。
  (しかし分析者の意見として言わせてもらうなら、この映画はティム監督の趣味全開の映画なので、その意見は場違いだと思うのです。ただ、ティム監督が自分の作品にどういう物を目指している人なのかを詳しく知らない人ならこの意見を持つのはもっともな事だと思います。)
 ・ネタバレになるので注意!→ヴィクターが結局どちらを愛している
 ・悪役に際立った所無い
 
分析者寸評

 「バートンファン」にはたまらない映画らしい。ただ、「ナイトメア~」より良いか悪いかというと、それは見る人、観る角度によって見解が違うようだ。もし観ようかどうか迷っているのなら、一度公式サイトを訪れることをオススメする。それと、フラッシュサイトは雰囲気がそのまま実感できる可能性大だ。

この作品の公式HPです
http://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/


スポンサーサイト
コメント
TBありがとうございました。私もTBさせていただきますね。
【2005/11/26 22:21】 | ゆかりん #- | [edit]
私のブログに遊びに来ていただいて、本当にありがとうございました!
すっごーく嬉しかったです^^

私も映画が大好きなので、この細やかな情報がツボに入りましたっ。
読んでいて、本当に楽しいです!
ティム・バートン監督は、「バットマン」が入口でしたが
一番のお気に入りは「マーズ・アタック」なんです^^
大御所俳優陣が、おかしな役どころを楽しそうに演じているのが良いのです♪

これからも詳細なる分析・批評、愉しみにしていますね。
頑張ってください!
【2005/10/27 22:30】 | はなまるこ #mHZ/BfkA | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://billimovie.blog25.fc2.com/tb.php/31-b3f3d428
  • ティム・バートンのコープス・ブライド【映画鑑賞★日記・・・】
    今日みる予定ではなかったんですが今日見てきちゃいました。いやぁ~映像がきれいだし、キャラクターが個性があっておもしろかった~アフレコははじめてだというジョニーも、いろいろな声のトーンを変えたりしてはじめてだとは思えないくらい上手でした。といっても見てい..
【2005/11/26 22:18】
  • ティムバートンのコープスブライド【NO or KNOW future】
    試写会でコープスブライドお先に観てきた。公開は22日からよ。個人的には実写の方が好きです、ティムバートン監督作品は。キャラクターの細かいしぐさかわいい
【2005/10/27 22:01】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。