アクセス解析
時代を斬る! 「プロデューサーズ」
かちこみだー!

予告はココで!

最近のコメント
最近の記事
↓はまらないでね↓


おまけ spaceinvaders

遊ぶブログ

ブログで百科事典


映画の本

プロフィール

ラウール

Author:ラウール
ビリヤード暦6年以上。
映画鑑賞暦数十年。
ページ右の「カテゴリー」から入っていただくと、興味のある情報を一括で見ることが出来ます。
出来ればコメントよろしく~   (*u*;)v

月別アーカイブ
NEWS

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「プロデューサーズ」

2006.04.06(07:11)
324021view005.jpg


分析中の感想「アメリカのおバカパワーは侮れない!

【STORY】運に見放された落ち目舞台プロデューサー(ネイサン・レイン)と小心者の会計士(マシュー・ブロデリック)が手を組んだ!
 彼らが考えた悪巧みとは、必要以上に資金を集め、それを横取りするために、大コケ間違いなしの最悪の駄作をブロードウェイで上演する、という計画だった!
 その駄作が「ヒットラーの春」と題されたミュージカル。
 最悪のシナリオ、そして最悪のスタッフを揃え準備万端、出資者たちから集めるだけの資金を集めて臨んだ初日。
 しかし、ショーは何故か皮肉にもコケルどころか大当たりをとってしまう・・・。
 払いきれない配当を出資者たちに約束したプロデューサー二人の運命はいかに・・・!?

【監督】スーザン・ストローマン   
【CAST】ネイサン・レインマシュー・ブロデリックユマ・サーマンウィル・フェレル ロジャー・バート

映画のウリは?
 
 ・2001年トニー賞において新作ミュージカルが受賞可能な13部門の内、なんと12部門で最優秀賞を受賞して史上最多記録を打ち立てたほか、ドラマデスク賞など数々の賞で記録を樹立(舞台版)。
 ・→本作はその映画バージョン!
 ・舞台版の初代オリジナル・キャスト、ネイサン・レインとマシュー・ブロデリックが息の合った名コンビぶりで主役を演じる。
 ・非常に豪華絢爛な歌と踊りによるハイテンションさがウリ。
 ・舞台版の評価を一つ↓
 「崇高なまでにバカバカしい、この舞台はあなたを夢中にさせるだろう。誰もが楽しめるこの軽快なコメディは、テンポがよく、辛らつで、しかも恵みに満ちている!~中略~この舞台は、最初のシーンからまるで超音速の列車のようにあなたを直撃する。そして一晩中「この乗りについてこられるかい?」というようなエネルギーで突っ走る。そのまばゆさは、カリフォルニアを来世紀いっぱいこうこうと照らせるほどだ。」
NYタイムズ

どんな人向き映画?
 
 ・ミュージカルが大好きな人。
 ・しかしそうで無い人にも(寸評参照)。
 ・ドタバタ喜劇が大好きな人。
 ・気分が冴えない人。
 ・パワーが欲しい人。
 ・ユマ・サーマンのファン。
 
この映画のネタは?
 
 ・舞台版トリビア↓
  ★衣裳404着★かつら130点★小道具400個★俳優27名★
  ★一週間に消費されるヘアピン2000個★脚を折ったキャスト名★
 ・決してエンドロール席を立たないこと
 ・役者の訛りは演技です(え、わかってるって?w)
  
この映画の酷評は?(人によって見解が違うので、参考までに)

 ・御馬鹿ムービー!
 ・下品
 ・く、下○ない。
 ・タブーが多め(げい・年配者etc)

分析者寸評

 ミュージカルコメディーの決定版。ミュージカルは突然歌が入ってイヤイヤ"o(><)o"という人にもオススメできるという意見多数。なぜなら舞台が「舞台」だから。なるほどそれは一理あると思う。日頃の生活でパワーがどんどん抜けていっている(・_・)σアナタ、この作品から強力なエネルギーをもらっては!?でも作品のパワーに圧倒されてかえって疲れないで下さいネ。

この作品の公式HPです↓

http://www.sonypictures.jp/movies/theproducers/site/

この分析が参考になりましたら、ポチッとお願いします↓










スポンサーサイト
コメント
賞をもらったっていうんで、スバラシイお話なんだろうな~と、構えてしまってたんデスガ…。『舞台が「舞台」だから…』ってうまい事おっしゃる!
【2006/04/10 09:40】 | エーキチ #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://billimovie.blog25.fc2.com/tb.php/58-7d6e3a1b
  • プロデューサーズ 【花ごよみ】
                                       (試写会にて)トニー賞12部門受賞のミュージカル作品。そのミュージカル舞台を映画化したもの プロデューサー(ネイサン・レイン)と 会計士(マシュー
【2006/04/07 12:36】
  • プロデューサーズ【こっちゃんと映画をみまちょ♪】
    永遠のトッチャン・ボーヤ「マシュー・ブロデリック」もはや何もせずして顔だけで笑える「ウィル・フェレル」この二人だけでもぅ、お腹いっぱいだよぉ! O(≧∇≦O)(O≧∇≦)O ウキャウキャ【2005年 アメリカ映画/試写会にて鑑賞】 (2006.4/8より全国ロードショー)プ
【2006/04/07 09:56】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。