アクセス解析
時代を斬る! ま、松田優作・・・。
かちこみだー!

予告はココで!

最近のコメント
最近の記事
↓はまらないでね↓


おまけ spaceinvaders

遊ぶブログ

ブログで百科事典


映画の本

プロフィール

ラウール

Author:ラウール
ビリヤード暦6年以上。
映画鑑賞暦数十年。
ページ右の「カテゴリー」から入っていただくと、興味のある情報を一括で見ることが出来ます。
出来ればコメントよろしく~   (*u*;)v

月別アーカイブ
NEWS

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ま、松田優作・・・。

2006.07.04(09:17)
初めて松田優作作品(映画)を観ました!
題は「蘇る金狼」!

いや~、ダーティーっていうのは解説読んで知っていたけれど、ちょっとダーティー過ぎてビックり!
バンバンGUNをぶっ放してヤッチャうんだからかなわないわ。

ここまで主人公が悪いとかえって開き直り・・・いや、突き抜けた感覚になりますね、実際。
野望があるっていうのも解説で分かっていたけれど、野望の裏に隠されたもう一つの理由が一切無い・・・。
例えば肉親のカタキ討ちだとかね(笑)。
この主人公は、ただただ金と権力を得る為に犯罪に手を染め、女を騙す悪い男。
しかし、その野性的ともいえる本能を、人前では必要以外抑え、冷静な頭脳と大胆不敵な精神力で自らを導く彼を、人はカッコいいと言う・・・。
ラウールなら、この映画を現代なら確実にR18指定にしますね^^;
でも、やっぱり彼は最高のアクターだと思ってもいます!
まー、なにはともあれハードボイルドのよさを理解しながらも真似しないという、理性のある人が観れる作品には違いありません。

この主人公は、初代怪盗ルパン(ルパン3じゃないよ!)を、殺しも平気でし、女性を道具にもするように変えた人物像である、と、ラウールは分析します。
実際、この物語の主人公が人を意図しては殺さず、女性に対してリスペクトを忘れない紳士の面も持ち合わせていたとしたら、もっと多くの人に好かれたものと思います。
っまあ、それはそれでハードボイルド好きの人からの大バッシングを予想しなければならないでしょうが^^;
「それでは優作の魅力半減じゃないか!!」ってね。

スポンサーサイト
コメント
CHANUさんヽ(;▽;)ノおひさっ♪♪
コメント有難う。
この映画はGYAOで見れるときあるので(再放送されると思う。)気になったらどうぞー。
面白いというより衝撃かもw
現代の映画はなんかパワーに欠けるよね(/_<。)
こういう俳優でてこないかな。。。。
【2006/08/18 17:30】 | ラウール #- | [edit]
あ~懐かしい~w
といっても、私はこの映画は見たことありませんけど^^;
大藪晴彦は一時ハマッタことがあったので、ラウさんのコメントを見て懐かしくなりましたw
面白いですかぁ。そーですか。
松田優作なら、イメージどぉりかも知れませんねw
今まで、この映画を見ようとは思っていませんでしたが、DVDなど販売されていれば見てみようかな~。なんて思ってしまいましたw
【2006/08/18 07:47】 | Chanu #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://billimovie.blog25.fc2.com/tb.php/78-0d620418
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。